社会保険労務士とは
社会保険労務士は労働問題の専門家です。

社会保険労務士は、従業員がいきいき働ける環境を整えることによって、生産性を向上させ、企業発展と労働条件の向上という良いサークルをまわすためのサポートができる労働問題の専門家です。

写真1
社会保険労務士の主な業務
労使トラブルの予防及び解決
写真2
解雇・賃金不払・過重労働・セクハラ等のトラブルを未然に防止したり、発生してしまったトラブルを解決します。
人事制度の立案
写真3
組織・人事考課・賃金・退職金などの人事制度の立案や運用上のアドバイスをします。
労働保険
社会保険関連の手続き
写真4
従業員等の入社から退職までの様々な提出書類を労働基準監督署・公共職業安定所・年金事務所等へ事業主に代わって作成・提出します。
給与計算
写真5
給与計算は、地味ですが重要な業務であり、勤怠管理から代行します。
助成金申請
写真6
各種助成金の情報を提供し、事業主に代わって作成・申請します。
メンタルヘルス対策
写真7
心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につながります。