メンタルヘルス対策の必要性


昨今の経済情勢や労働環境の変化に伴い、心身の不調やこころの病を抱えている人々が増加しています。心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につながります。

写真1


セルフケア
・自分自身で他者からの援助を得ずに心身をケアすることを「セルフケア」といいます。健康で元気な人も、身体の調子が悪く病院や治療院に通う人も「セルフケア」には少なからず興味をもっているのではないでしょうか。

・代表的なセルフケアは、「ストレッチ」や「ウォーキング」、「食事療法」などがあります。

・セルフケアで大切なのは、個人の体力や症状に応じた、適切な運動と食事を継続的に行うことです。


ラインケア
・ラインケアとは、管理監督者が従業員へ個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。

・ 職場環境の改善や 労働者からの相談対応事業者は管理監督者がこれを実行できるよう、ラインによるケアに関する教育・研修、情報提供を行う必要があります。

・組織の要ともいえる管理者が実行に移せるかどうかが、企業等におけるメンタルヘルス対策の基盤となりうるのです。



メンタルヘルス対策を行うのと行わないのでは、今後の職場環境、人材育成などさまざまなところで、問題が発生するかもしれません。

藏岡事務所ではメンタルヘルス対策のご依頼も承っています。

ご興味のある経営者の方は一度ご相談ください。

写真1