人事制度

皆さんは会社の人事制度のことをどのようにお考えですか?
「従業員の昇給や賞与を考える上での基準がほしい」

「従業員の頑張りに応え、成果に報いるための制度をつくりたい」
「従業員の役割分担を明確にしてモチベーションのアップをはかりたい」

「優秀な従業員を獲得するための会社のコンセプトがほしい」

人事制度というとどうも難しく考えがちですが、
「従業員のことをどう評価したらいいのか分からない」なんていう疑問は、
どちらの会社の経営者様も持っておられるところかと思います。
従業員が持つ人事制度


人事制度は「わかりやすく」つくるほど効果的です。

『社長がすべて』の考えに立って、わかりやすく使える評価制度をつくるのです。

「従業員への不満・希望」を元に評価シートを作り、最終的に賃金とリンクさせるという、いたってシンプルでわかりやすい人事制度です。


写真1
人事制度には、大きく3つの目的があります。

従業員に期待すべき仕事の範囲責任、役割や質、量をはっきりさせる。
従業員が仕事に対してモチベーションを高めていける仕組みをつくる。
仕事の成果を合理的に評価できる基準をつくる。
藏岡事務所では、”誰もが納得できる人事制度”を目指して、
メリットを強調しながら、期待をもたせるような人事制度(評価システム)の
導入を行っていきます。是非、一度ご相談ください。